Home
Shop
Twitter
Facebook
Instagram





Preparation

艶が残っているとリフトの原因になりますが、サンディングのしすぎは爪を傷めてしまいます。表面の艶がなくなる程度に優しくサンディングしましょう。




1.エメリーボードで爪の長さ、形を整えます。




2.フリーエッジの裏に残ったバリはスポンジファイルでストロークすると除去できます。




3.メタルプッシャーで甘皮をカーブに沿って優しく押し上げます。




4.ファイルで爪、表面の艶がなくなる程度、軽くサンディングします。




5.爪周りも忘れずにサンディングします。




6.ダストをネイルブラシで払います。




7.ペーパーやワイプにジェルクリーナーを含ませ、爪表面や爪周りを拭き取り水分や油分、ダストを除去します。




8.プレパレーションが完了しました。









Base

皮膚についたジェルをそのまま硬化するとリフトの原因になります。 はみだした場合はウッドスティックで拭き取ってから硬化します。




1.ブラシ1/3程度、ベースジェルをとります。




2.爪の中心から先端に向かって塗布します。




3.爪のサイドも同様に先端に向かって塗布します。




4.爪の根元中央から先端に向かって塗布します。




5.根元サイドをキューティクルラインの形にあわせて塗布します。




6.ブラシを立てて軽く当てるようにエッジ部分を塗布します。




7.爪全体にジェルを均等になじませます。




8.ライトに入れ、完全硬化します。









Color

パール系のカラージェルは容器の底に沈むことがあるので使用前に軽く振ってください。 爪全体に塗布した後、2〜3秒おくと表面がきれいになじみます。




1.ブラシ1/3程度カラージェルをとります。




2.爪の中心から先端に向かって塗布します。




3.爪のサイドも同様に先端に向かって塗布します。




4.爪の根元中央から先端に向かって塗布します。




5.根元サイドをキューティクルラインの形にあわせて塗布します。




6.ブラシを立てて軽く当てるようにエッジ部分を塗布します。




7.爪全体にジェルを均等になじませます。




8.ジェルがはみ出したらウッドスティックで拭き取ります。




9.ライトに入れ、完全硬化します。









Top

Palms Gracefulのトップジェルは量が多すぎると硬化不足の原因となります。表面がかすれない程度の量で塗布するときれいな艶がでます。未硬化ジェルがでないので、拭き取りは不要です。




1.ブラシ1/3程度トップジェルをとります。




2.爪の中心から先端に向かって塗布します。




3.爪のサイドも同様に先端に向かって塗布します。




4.爪の根元中央から先端に向かって塗布します。




5.根元サイドをキューティクルラインの形にあわせて塗布します。




6.ブラシを立てて軽く当てるようにエッジ部分を塗布し、硬化します。




7.甘皮まわりにキューティクルオイルをマッサージしながら塗布します。




8.ジェルネイルの完成です。









Off

無理にはがすと地爪を傷めてしまいます。再度リムーバーをつけ、アルミホイルに包んで待ちます。




1.パーツは先にアクリルニッパーでオフします。




2.パーツは先にアクリルニッパーでオフします。




3.爪の大きさにあわせてカットしたコットンにアセトンを浸し爪にのせます。




4.アルミホイルで隙間ができないように巻きつけます。




5.ジェルが浮き上がるまで時間をおきます。時間はジェルの厚みによって異なります。(約10〜15分)




6.プッシャーで浮き上がったジェルを取り除きます。(取りきれない場合は2~4を繰り返します。)




7.爪表面に残った細かいジェルはスポンジバッファーで落とします。




8.正しいジェルオフは地爪へのダメージを最小限に抑えます。